ダイエットハート~痩せるために必要な気持ちのコントロール~

ダイエットに成功するために必要なのは、規則正しく1日3食きちんと食べて間食を我慢することではなくて、いかに自分の食欲や空腹感・口さびしさ・食べられないストレスをなくして快適に痩せるかを考えることだと思う。自分をコントロールできれば不規則でも何でもいいのだ。規則正しくとか間食をしないとか我慢とか言うのは、それを言う側が言葉ひとつで済んで楽だからだ。気軽に言われたって実行する方は大変で難しい。でも続かなくて痩せられない人は我慢が足りないとか忍耐力がないとか、ヒドイ場合は、結局痩せる気がない・本当に痩せようという強い意志があれば出来るはずだとか、思ってもみない批判をされることもある。なぜダイエットに挫折したくらいでやる気がないとか、人格に関わる問題までそんなに真っ向からまるで全否定をされなければならないのだ?教えて欲しいものだ。

どうやったら頑張れるのか。体重100キロのデブがそのままで女子高生向けのファッション誌の、売れっ子モデルになるのは難しいのと同じくらい、やる気と根性なんて意外と比例しない。やる気があればお腹が空かないわけじゃない。むしろ、やる気満々で運動を頑張り過ぎるとカロリーをたくさん消費した分、体はエネルギーを求めて余計に空腹感が強くなるのだから、普通の忍耐力がある人でも更に上の忍耐力が必要になる。頑張りすぎれば頑張った分だけケアが必要になってダイエットが全体的に面倒くさくなってしまう。頑張ればいいというものでもない。頑張らないことが、それだけで人としてダメだというものでもない。根性で食べるのを我慢できるのは、もともとの性質とか性格とか個人差の問題で、耐えられることばかりが偉いわけでも我慢ができないからダメなわけでもない。
何がダメで何が正しいかなんて、生きてきた中で覚えてきた自分の中にある常識だけで決まらない。暴飲暴食ばかりしてダイエットとか頑張らなくても全く太らない人がいる。その人のことはそういう羨ましい体質なのだと言うのだろう?自分は違うからそうはいかないのだろう?だったら、自分が根性で痩せる努力をしているからと言って、痩せたいのに努力が出来ない人のことをダメな奴だとけなしてはいけない。人によって違うのだ。努力や我慢だけが偉いのではなくて賢くコントロール出来れば良い。

我慢できるのなら勝手にすれば良い、食べるのを我慢できないなら食べ方の工夫をする。自分に出来ることをやる。いたってシンプルで基本的なことだ。全ての事柄は個人差別のコントロールが大切なのである。

ゼオライトって何だろう?

セサミン サプリメントって何だろう?

セルフタンニングって何だろう?

ソーパルメットって何だろう?

ダイエット サプリメントって何だろう?